1月号はMr.FP代表 井畑 敏です

プロのFPは“お客様のライフプランを管理する“

2016年、新しい年が始まりました。昨年は安保やテロやTPPや色々なことが起こりました。

今年はどうなるか。きっと昨年以上に色々なことが世界で起こり、騒がしい年になると思います。日本もやっと安倍政権が発足してから、国の動きが速くなってきました。その前の自民党政権、民主党政権ではとても世界の動きについてゆけず、まして世界をリードする国の一つになるなんて、そりゃ無理といったところだったと思います。

このところ私は毎月ミャンマーに出かけています。ミャンマーは2011年に始まった開放政策から「最後のフロンティア」と呼ばれていますが、フロンティアだからでもあるでしょうが、経済、政治、ものすごい速さで進んでいます。特に動きが著しいアセアンに位置していますので、ミャンマーで見ていますと、「世界は動いてるなー」といった感じです。

まあ、政治も経済も走り続けなければならないようですね。ただ暴走にならないように、過去をしっかり反省しながら。

ところで我々FPは「ミスターFP」というグループですが、これはFP発祥の国アメリカのFPと同じように、クライアントである個人の人生計画達成のため、資金繰り計画、リスクの保全などを投資、保険、不動産、ローン、年金などの知識を駆使してコンサルする、本来の実務的ファイナンシャルプラニングを目指すグループです。ところがこの前も、仲間のFPが「FPです」と自己紹介したら、「ああ保険屋さんですね」と言われたと嘆いていました。日本ではFPのほとんどが保険や不動産などの販売の為に働いています。なかにはそれがFPだと思っているFPも多くいます。

残念ながら我々は日本では少数派ですが、いつか、我々のようにお客様から「先生」と呼ばれるFPが増えてくるでしょう。なぜならば、この日本でもプロのFPは求められていると確信しているからです。

我々ミスターFPグループには「ミスターFPスタンダード」という、ミスターFPグループで守っていこうとする「規範」があります。

その1つに、「お客様のライフプランを管理する」 があります。

その意味は、「継続してシナリオプランに基づいたお客様のライフプラン(将来設計)を管理する」ということです。ここがお客様との関わり方における、保険代理店業、証券販売業、不動産販売業とプロのFPとの違いです。商品販売業は販売した商品の管理を行いますが、お客様の夢やライフプランの管理は行いません。ミスターFPは、金融商品の管理と共にお客様のライフプランの管理を行います。

その違いをお客様にしっかり分かっていただけるよう、我々はプロのFPとして、知識とスキルをさらに磨き、経験を積んでいこうと決意を新たにしております。

 

株式会社エフピープラネット 代表取締役  井畑 敏

関連サービス

関連サイト

代表・井畑敏の執筆本

お問い合わせフォーム

メモ: * は入力必須項目です

Moneyjoho Twitter