不動産関連商品ガイド

【証券化住宅ローン(フラット35)】

公庫の証券化支援事業を活用して民間金融機関が提供する長期固定金利の住宅ローン。利用するには所定の条件をすべて満たしていることが必要となる。長期固定のため、低金利時の利用で安定有利な返済計画が実現できる。金利は申込み時の金利ではなく、資金受取り時の金利が適用される。なお、既に借り入れた住宅取得のためのローンを返済するための融資(借換え)に使うことはできない点に注意。
申込先 各取扱金融機関
条件 ・申込み時の年齢が原則として70歳未満であること
・融資対象の住宅には、申込者本人が所有し居住すること
・申込者本人が日本国籍の人または永住許可を受けている外国人
・毎月の返済額が月収の25%以内になるような借入金額
金利タイプ 全期間固定金利(適用金利は各取扱金融機関により異なる)
借入限度 8,000万円以下で、建設費または購入価額の80%以内。
借入期間 次のいずれか短い方であること。・15年以上35年以内(1年単位)(ただし、申込み本人の年齢が60歳以上の場合は10年以上)・完済時の年齢が80歳となるまでの年数
返済 毎月の返済額:月収の25%以内
返済方法 元利金等返済、元金均等返済、ボーナス払い併用返済が選択可能
その他 保証料、繰上げ返済手数料が不要

 

【財形住宅融資】

雇用・能力開発機構が事業主を通じて、財形貯蓄をしている人に融資する制度。利用に際しては所定の条件をすべて満たしていることが必要。
条件 ・申込み時の年齢が70歳未満であること
・融資対象の住宅には、申込者本人が所有し居住すること
・原則として(財)公庫住宅融資保証協会の保証を利用すること
・サラリーマンのうち、財形貯書を1年以上続け、残高が50万円以上あること
金利タイプ 5年毎に見直す変動金利。金利は、毎年4回1月、4月、7月、10月の各1日に見直される
借入限度 次の4つのうち最も小さい金額が借入限度となる。
・所要資金の8割
・財形貯蓄残高の10倍
・毎月の返済額が月収の25%以内になるような借入金額
・4,000万円
借入期間 最長借入期間は、建物、購入される住宅の種類によって異なる。
返済 毎月の返済額:月収の25%以内

 

関連サービス

関連サイト

代表・井畑敏の執筆本

お問い合わせフォーム

メモ: * は入力必須項目です

Moneyjoho Twitter